カナダのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in カナダ
  ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学 in カナダ > カナダと各都市情報 > ビクトリア
ビクトリア(Victoria)

■ ビクトリアってどんな都市?

ビクトリアの概略
ビクトリアはブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島にある都市で、ブリティッシュコロンビア州の州都です。人口が約28万人と小さい街ですがブリティッシュコロンビア州の政治・経済の中心になっています。

ビクトリアは1843年にハドソンベイ社による毛皮貿易の拠点として発展のため、砦が作られたことにより始まりました。以降、ビクトリアは商業の街として栄え、1849年にイギリスの植民地となりました。ちなみに、ビクトリアはその時のイギリス女王の名前から命名されました。その後、1871年にイギリスより自治権を獲得したカナダ連邦に加盟しました。

ビクトリアは現在でもイギリス調の建物が多く残り、アフタヌーンティーなどのイギリスの生活習慣なども残っています。また、街は高い建物がなく、非常に美しい街並みとなっており、とても過ごしやすい街です。また、カナダの大都市、バンクーバーやカナダ本土へはフェリーまたは飛行機でのみ渡る事ができます。
 
ビクトリアの語学学校・日本人
ビクトリアのダウンタウンはとても小さく、簡単に歩くことができますが、それでも学校はそれなりにあります。また、ビクトリア大学でもESLコースなどがあります。日本人は街中ではあまり見かけませんが、学校にいくと結構いたりします。

ビクトリアでの仕事・アルバイト
街ではお土産屋などが多くありますが、日本人向けのお店は少なく、他の大都市と比べると難しいかもしれません。

管理人のコメント
ビクトリアはインナーハーバーと呼ばれる湾が非常に美しく、またカナダの中では冬でも比較的寒くなく、生活するにはとても過ごしやすい街です。ただし、大都会が好きな方には物足りないかもしれません。
カナダ・ビクトリア州議事堂
ビクトリア州議事堂
ビクトリア州議事堂
ビクトリア州議事堂
カナダ・フェアモントインプレス
ビクトリア・フェアモントインプレス


■ ビクトリアの基本データ
【人口】
約28万人
【州】
ブリティッシュコロンビア州
【時差】
東部標準時間(EST):-14時間
※サマータイム(4月第1日曜〜10月最終日曜)までは、-13時間

■ ビクトリアの気候

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温
7.2
8.2
10.2
12.8
15.5
18.2
20.1
20.1
17.5
13.2
9.4
7.4
平均最低気温
3.7
4.0
4.8
6.2
8.1
10.1
11.3
11.4
10.1
8.0
5.5
4.0

■ ビクトリアへのアクセス
エア・カナダ
日本から
日本からビクトリアへの直行便はなく、バンクーバーで飛行機に乗り換えるか、バス・フェリーを経由していく必要があります。トロントからでは乗り継ぎ便がありません。

カナダから
意外とビクトリアを結んでいる路線が少なく、主に、バンクーバーまたはカルガリーなどから入ることになります。また、アメリカ側からだとシアトル-ビクトリア間をフェリーが結んでいます。

■ ビクトリアの交通
カナダのビクトリアでは「Victoria Regional Transit System」が市バスなどを運営しています。ビクトリアでは電車が無いので市バスがメインの移動手段になります。この市バス、ダウンタウンは勿論、バンクーバーに行くためのフェリー乗り場までも走っているので、実際生活している上では特に不便と思うことは無いでしょう。なお、ビクトリアのバスは2階建てになっているものがあるのが特徴です。

バスの運賃は移動距離によって変わるゾーン制を採用しており、ひとつのゾーンのみを利用する場合は1回$2で、2ゾーンを利用する場合、$2.75になります。1ゾーンか2ゾーンか不明の場合は乗車時にバスの運転手に聞けば教えてくれます。

カナダ・ビクトリアのその他の交通システムについてはカテゴリリンクを参照してください。