カナダのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in カナダ
  ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学 in カナダ > カナダと各都市情報 > トロント
トロント(Tronto)

■ トロントってどんな都市?

トロントの概略
トロントはバンクーバーと同様にカナダ最大の都市で、人口は約436万人にもおよびます。また、トロントはオンタリオ州の州都でもあります。(オタワはカナダの首都ですが、州都ではありません)そんなトロントは五大湖の内の1つオンタリオ湖の側にあり、ネイティブ・カナディアンの「人の集まるところ」という意味を持ちます。

トロントは18世紀前半までフランス領でしたが、1759年にイギリス領、1793年には当時アッパー・カナダと呼ばれていたオンタリオ州の州都に選定されました。19世紀以降は商工業の街として急速に発展し、第2次世界大戦後には多くの移民を受け入れ、多民族国家・都市として形成されていきました。

そんな街には世界第2位の高さ(553.33m)を誇る、CNタワーや郊外に車で1時間半ほどいけば世界遺産のナイアガラの滝などがあります。また、街には多民族国家ならではの多文化の雰囲気があり、中華街以外にも80以上のエスニックタウンがあります。

トロントの語学学校・日本人
トロントはバンクーバーと同様、日本から直行便でいける都市でもあり、かなりの語学学校数があります。その分、バンクーバー・トロントはカナダの中でも日本人率が高くなっています。

トロントでの仕事・アルバイト
大都市なので、日本食屋・お土産屋も多くカナダの都市の中では比較的容易に見つけることができます。

管理人のコメント
トロントはバンクーバー同様、大都市なので都会好きな人には住み易い街かと思います。反面、カナダの大自然らしさは他の都市に比べると薄いかもしれません。
カナダ・トロント
トロント
カナダ・ナイアガラの滝
ナイアガラの滝
ナイアガラの滝
ナイアガラの滝


■ トロントの基本データ
【人口】
約436万人
【州】
オンタリオ州
【時差】
東部標準時間(EST):-14時間
※サマータイム(4月第1日曜〜10月最終日曜)までは、-13時間
【税金】
物品税(GST):8%
州税(PST):7%
宿泊税:5%
カナダの地図

■ トロントの気候

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温
-1.1
-0.2
4.6
11.3
18.5
23.5
26.4
25.3
20.7
13.8
7.4
1.8
平均最低気温
-7.3
-6.3
-2.0
3.8
9.9
14.8
17.9
17.3
13.2
7.3
2.2
-3.7

■ トロントへのアクセス
エア・カナダ
日本から
日本からトロントへはエア・カナダやJALの直行便があります。日本(成田空港)からは所要時間約12時間で到着します。

カナダから
各州からエア・カナダおよびWestJetがトロント間を結んでいます。また飛行機以外にもグレイハウンドの長距離バスとVIA鉄道がトロント-各都市を結んでいます。

■ トロントの交通

カナダのトロントでは「The Tronto Transit Commission(TTC)」が市バス、地下鉄、路面電車を運営しています。路面電車と市バスでトロントのほぼ全ての地域をカバーしています。

料金はバス・地下鉄・路面電車共通で1回$2.75です。バスと路面電車の場合、料金は前払いになります。なお、カナダではよくあるのですが、運転手は基本的にお釣りをもっておらず、料金は事前に金額ぴったりを用意しておく必要があります。これは結構不便なので、実際に生活する場合は回数券などを購入しておくと良いでしょう。

トロントのバス