カナダのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in カナダ
  ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学 in カナダ > カナダと各都市情報 > カルガリー
  カルガリー(Calgary)

■ カルガリーってどんな都市?

カルガリーの概略
カルガリーはアルバータ州最大の都市で人口は約87万人、日本から来る観光客にとってカナディアンロッキーの玄関口でもあります。

カルガリーは1875年に北西騎馬隊がボウ・リバーとエルボウ・リバーの間に砦を築いた事に始まります。その後、大陸横断鉄道の開通により栄え、1900年代に入ると石油が発掘され急激に発展していきました。今ではオイルタウンとも呼ばれるぐらいに石油業が盛んで、時価も急激に上がりつつある都市です。

また、カルガリーは1988年の冬季オリンピックの開催地でもあり、オリンピックパークなど、当時の施設が残っています。

カルガリーは前途の通り、カナディアンロッキーの玄関口でバンフまで車で1時間半の距離にあり、ダウンタウンからもカナディアンロッキーを見渡すことが出来ます。
 
カルガリーの語学学校・日本人
カルガリーのダウンタウンは人口が100万人いるとは言え、あまり栄えておらず、ビジネス街の高層ビル群が多い街で、日本人はバンクーバー、トロントに比べると比較的少ない街です。学校はダウンタウンに何校かあり、通うのには十分な数があります。

カルガリーでの仕事・アルバイト
カナディアンロッキーが多いとは言え、観光地ではないため、お土産屋も少なく、日本人相手の商売が少ないのが現状です。そのため、仕事を探すにはそれなりの英語力が必要となります。

管理人のコメント
カルガリーははっきり言うと、さびれた感のある街ですが、その分過ごしやすく、また車を少し走らせるだけで、カナダの大自然を満喫できます。また、アメリカの国境も近く、グレイシャーナショナルパークなどにも行くことができます。そんな管理人は実はカルガリー大好きだったりします(・∀・)イイ!!
カルガリーの街並み
カルガリーの街並み
カルガリーの街並み
カルガリーの街並み
カルガリータワー
カルガリータワーからの眺め


■ カルガリーの基本データ
【人口】
約87万人
【州】
アルバータ州
【時差】
山岳部標準時間(MST):-16時間
※サマータイム(4月第1日曜〜10月最終日曜)までは、-17時間

■ カルガリーの気候

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温
-2.8
-0.1
4.0
11.3
16.4
20.2
22.9
22.5
17.5
12.1
2.8
-1.3
平均最低気温
-15.1
-12
-7.8
-2.1
3.1
7.3
9.4
8.5
4.0
-1.4
-8.9
-13.4

■ カルガリーへのアクセス
エア・カナダ
日本から
日本からカルガリーへの直行便も便数は少ないですがあります。ただし、メインはバンクーバーで飛行機に乗り換えるか、トロントで乗り換えになります。しかし、トロントはかなり大回りになるので、バンクーバーが主な乗り換え地になります。

カナダから
カルガリーはアルバータ州の大都市であり、バンクーバー・トロント・エドモントンなど様々な都市と接続されています。またVIA(大陸横断鉄道)も走り、他都市からのアクセスは比較的容易です。

■ カルガリーの交通

カナダのカルガリーでは「Calgary Transit」が市バスとCトレイン(電車)を運営しています。電車はルートが少なく、郊外への移動はバスがメインの移動手段となります。

電車・バスともに料金は前払い制でバスの場合は乗車時にぴったりの金額を支払います。電車の場合は、チケットを購入して乗車します。どちらも、お釣りはないので、事前にぴったりの金額を用意する必要があります。。。なお、バス-電車などを乗り継ぐ場合は乗車時にトランスファーチケットという乗り継ぎのチケットを貰えば90分間なら何度でも乗り継ぎをする事ができます。

カナダのバス
しかし、このCトレイン、カナダの交通システムらしく(?)、結構頻繁に壊れたりします。管理人が乗っているときも煙が出てきてバスに乗り換えて帰宅したことがありました。。。(;゚д゚)

また、基本的に電車には改札口がなく駅員もいませんが、電車にたまに係員が乗ってきてチケットの確認を行います。無賃乗車を行っていた場合には$150の罰金を払うことになるので、くれぐれも注意しましょう。

カナダ・バンクーバーのその他の交通システムについてはカテゴリリンクを参照してください。